カトパン加藤綾子フジテレビ退社発表!めざましテレビの後釜は!?

この記事は2分で読めます

加藤綾子1

カトパン加藤綾子フジテレビ退社発表!

加藤綾子3

とうとうこの日がきてしまいましたね。

フジテレビ看板女子アナウンサー、カトパンこと加藤綾子さん。

1月22日放送中に正式に発表。

“加藤綾子アナ「本日、番組内でもご報告させていただきましたが、この度、『めざましテレビ』を卒業することになりました。

 毎日笑顔が溢れ、家族のような「めざましファミリー」から卒業することは、とても残念ですが、今が一番納得のいく時期だと感じております。

 入社してから7年半、早起きの生活を続け、仕事を中心に生活してまいりました。

 それこそが生きがいで、誰かに必要としていただけたことがとても嬉しく、少しでも力になりたい、そんな思いで8年間全力で走り続けてきました。“

4月30日退社のようです。

 残念ではありますが、うすうす誰もがこの日がくるだろうと予想はしていましたよね。

フジテレビとしても、局アナ看板アナウンサーが抜けるのは痛いはずですが、今までも人気女子アナがフリーになることを経験しているので、織り込み済みだったのではないでしょうか。

 女子アナに関しては、人材が豊富な局ですから次の看板アナを模索中、しばらく視聴率やイメージを重視しながら、局として力を入れる準備をしていくでしょう。

さて、あらためて加藤綾子さんのプロフィールですが、

 加藤綾子4

生年月日:1985年4月23日(30歳)牡牛座

出身地 :埼玉県 三郷市

血液型 :O型

出身大学:国立音楽大学音楽学部音楽教育学科・幼児教育専修卒業。

特技  :教員免許(中高)・漢字検定2級・普通自動車免許 ピアノ

中学時代はかなりヤンキーのようでしたが、今や清楚なイメージしかない加藤綾子さん。

フリーアナとして、所属事務所:ジャパンミュージックエンターテイメントに入社の予定のようです。事務所で代表となる芸能人は、篠原涼子さん、谷原章介さんら有名人がいる事務所ですね。今後の仕事内容の詳細は不明ですが、今までの経験を買ってるとおもいますので、

番組MC・サブMCでしょうか。さんまさん等、大物芸能人の方を上手にあしらうことができる対応力の高さが魅力のひとつですから、どんな芸能人のツッコミも決して動じることはないでしょう。

 そうすると次に気になるのは、彼氏→結婚→出産のコースですよね。恋多き女のごとく、今までもダルビッシュさんやEXILE TAKAHIROさん・自民党の小泉進次郎衆議院議員・西武ライオンズの片岡治大さん等話題になったことはありましたが、どれもカスッただけでしたね。

 でもいずれ本命が現れるので、楽しみに待ちましょう!

めざましテレビの後釜は!?

これで「めざましテレビ」看板アナである加藤綾子さんがいなくなると、次は誰?っとなりますが、記憶している方は覚えているでしょうが、体調不良で代役を務めた

永島優美アナウンサー(ユミパン)が最も妥当な線でしょうか。(元サッカー日本代表のスポーツキャスター 永島昭浩さんの娘)

 永島優美

永島昭浩

長年やってる山崎夕貴アナウンサーはほとんどバラエティ過ぎるのですが、経験的にもアナウンサー的にしっかりしているは思います。(自分的には結構面白いと思ってます)

加藤綾子さんの時もそうでしたが、生野陽子さんとのダブルで番組の顔として出たことがあるように、永島アナウンサーともう一人タイアップする女子アナが出るかもしれませんね。

まとめ

 これで局アナとしては卒業ということになった加藤綾子さんですが、フリーになって成功する人と低調になって消えていく人がいますよね。

 やはり大物芸能人を軽くあしらうような番組で結果を残したり、イメージの大きいCM等に当たれば、成功していきますよね。

 その代わり、彼氏が当然いっぱいいる可能性高いので、ここらへんも大物芸能人をあしらうようにプライベートでこなせたら大成功でしょう。

 長いような短いような7年間の「めざましてれび」楽しませてくれてありがとうございます。

今後もいっぱい期待してますから~ぁ!!

加藤綾子2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e8%a5%bf%e5%86%85%e3%81%be%e3%82%8a%e3%82%84%ef%bc%92
  2. %e5%b9%b3%e5%b9%b9%e4%ba%8c%e9%83%8e%ef%bc%91
  3. %e7%80%a7%e6%9c%ac%e7%be%8e%e7%b9%94%ef%bc%94
  4. %e6%9c%a8%e6%9d%91%e6%96%87%e4%b9%83%ef%bc%91%ef%bc%90
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。